>
お知らせ

生石神社 「国恩祭」御奉賛のお願い

 

 当神社では来る令和4年5月3・4日に、「国恩祭」を斎行いたします。

 この大祭は、江戸時代後期の天保4年から東播磨地方の最も重要な祭儀として継承され、当神社では本社殿の改修や参道のトイレ改修、境内の文政12年の灯籠の保存修理などを行い、祭典を迎えます。

 つきましては氏子崇敬者の皆様から広く浄財を仰ぎ、祭儀滞りなく斎行いたしたく、何卒格別の御芳志により御奉賛賜りますようお願い申し上げます。

~詳しくは本社前の社務所にてお問い合わせください~

 

 

 

 ~お家でも、神さまにありがとう~

 

  新しい年、

伊勢神宮と地元の氏神さまのお神札(ふだ)を

  おまつりしましょう。

 

 

○ 国恩祭 ○

 

 このコーナーでは、180年余りの長きにわたり東播磨の神社に受け継がれてきた「国恩祭」の話題をお伝えします。

 

 ◎概要

 国恩祭とは、旧加古郡と旧印南郡の22社が、この両郡に祀る天津神(あまつかみ)・国津神(くにつかみ)を奉斎し、全神職が奉仕する大祭で、毎年両郡から1社づつ輪番で行う祭典のことをいいます。

 

 ◎国恩祭の始まり

 瀬戸内海に面し気候も温暖なここ東播磨地方では、早くから人が住み始め農耕文化の発展とともに平和な暮らしを営んでいました。(当社氏子である岸地区では「岸遺跡」から縄文時代後期の土器が発見されています。)

 ところが江戸幕末の不穏な世情の中、明治維新の30余年前、天保3年(1832年)大雨、洪水による凶作の年、「天保の大飢饉」といわれるこの年には人々の生活が困窮し、加古川では一揆が勃発するなど人心は荒廃しました。

 このようなとき、両郡の神職が集い、人々の心を鎮め平和と繁栄を願って天保4年に祓講という一種の組合組織を作って臨時の祭典を行ったのが国恩祭の始まりといわれています。

 以後毎年両郡から1社ずつ臨時大祭を斎行することとしたのです。

 

 ◎国恩祭とは

 国恩の「国」とは、国家という意味と同時に「郷土」という意味でもあり、「恩」とは地域の繁栄と安泰を願うこと。これを祀るのが国恩祭であります。

 

 ◎加盟神社の輪番

 旧加古郡、旧印南郡は東播磨の瀬戸内海沿岸に位置し、現在の加古川市、高砂市、加古郡稲美町、加古郡播磨町全域と姫路市、明石市の一部にまたがっていました。兵庫県神社庁の支部は、行政の区域に拘わらず、国恩祭の伝統に基づき、かつてのまま加古と伊奈美(「いなみ」と読みます。)の支部を構成しています。

 現在は22社が加盟し、11社ずつ分かれて輪番で奉仕し、連綿と引き継がれています。

 氏子は、この11年に1度巡ってくる祭典に備え、社殿を修復し境内を整備して祭器を整え、祭どころの神社では屋台の練りだし等も行われます。

 

  

加盟神社輪番表      ※は旧加古郡

平成・令和 西暦 旧加古郡 旧印南郡
29 2017 粟津天満神社 神吉八幡神社
30 2018 野口神社 上之荘神社
2019 阿閉神社 八幡神社※
 2 2020 高砂神社 日岡神社※
 3 2021 泊神社 稲根神社※
 4 2022 尾上神社 生石神社
 5 2023 浜ノ宮天神社 湊神社
 6 2024 荒井神社 曽根天満宮
 7 2025 国安天満神社 志方八幡神社
 8 2026 埼宮神社 大塩天満宮
 9 2027 御廚神社 平之荘神社